めありずむ

不妊治療の保険適用と理解促進に取り組むブログメディア(時々雑記)

手帳の悩み「年間スケジュール」の使い方·活用法!

f:id:sweet-honey83:20180710105951j:plain

いよいよ2018年も暮れが近づいてまいりました。今日は、手帳の中でも1月1日から記入できる事が多く、かつ「どう使ったらいいかわからない」の代表の年間スケジュールの使い方の話題です。

手帳の中でも特に使い方の「迷子」になりやすいのが年間スケジュールですよね?かくいう私も、昔は誕生日や記念日を書くところからスタートして、試行錯誤を繰り返している部分です。

f:id:sweet-honey83:20181230161932j:image

ジブン手帳、ジブン手帳Bizを使っていた年はわりとスペースもあって文字も書きやすかったのですが、ジブン手帳Biz miniを使った2018年はサイズ感的にかなり小さかったので文字を書くのではなくマーキングする方法を模索しました。

手帳をリスティに変えた2019年も横幅はわりとタイトなので細かく記入する方法はやめてTOEIC高得点を目指すか、スペイン語やり直しの計画、もしくはMood Trackerのどれかにしようと考えています(まだ迷っている)

その特徴は「俯瞰性」であり、難しさは「記入欄のサイズ」ではないかと思います。1年間をまるっと見開き1ページで見渡せるものがほとんどなので、年間を通してざっくりとしたテーマを把握するのには最適。反対に、毎日コツコツ同じ項目を記入し続けるのにも向いているという感じがします。

手帳の年間スケジュールの使い道マッピング!  

まずは、一般的によく言われる使い方を特徴別にマッピングしてみました。

f:id:sweet-honey83:20181228121840p:plain

だいぶ私の感覚的な分類になっていますが、いかがでしょうか・・?

特に右寄りの空欄が多い書き方をされている方が多いのではないかと思いますが、なんとなーく「活用し切れてない」ような気がしてしまうという方は、空欄が少ないグラフ左寄りの内容にシフトしてみるのも良いかもしれませんね。(まぁどちらも一長一短ですけどね~)

実際に記入する内容は?

仕事・学習系

年間を通して明確な目標や達成したいことがある方にはこれ系が向いているかなと思います。

  1. 試験勉強等の学習計画:試験日から逆算して勉強のペース配分考慮して計画も書き込んでいけば、直前になって慌てることもないし進捗チェックもできます。
  2. 会社の年間行事:職場の合同会議やイベント出展等、年間行事の予定があれば記入して仕事や休みの予定を組むとスムーズそう!
  3. 長期プロジェクト:数カ月単位のプロジェクトや期末の繁忙期など、連続した一定期間に入る予定は矢印で記入して、時間の流れをつかむイメージ。
  4. 学習時間の記録:例えば英語学習をした時間を「1.5h」といったように数字で記入するもよし、データバーのようなイメージで量が俯瞰的に把握できるようにマスに色を塗るのもよし。
  5. 勤務時間や残業時間記録:上記に同じ

【記入例:実際はこれらの1項目を1年間書くイメージですが便宜上項目を並べています】

f:id:sweet-honey83:20181230124749p:plain

健康管理系

  1. 歩数の記録:歩数でも良いし、目標に対する達成率をデータバーなんかにすると良さそう
  2. ウォーキングやジョギングの記録:ほぼ毎日の場合は歩数と同じような表記が良さそうですがたまにならば数字を書くのもアリですかね
  3. 睡眠時間:これは歩数と同様の考え方かな
  4. 体重や体脂肪率:この辺は数字の羅列だと傾向が掴みづらいので折れ線グラフとかが良いのかな?
  5. お通じ:これも色分けでも出た日だけ○とかでも良いですね
  6. 生理周期
  7. 体調などの簡易記録
  8. 偏頭痛などの持病の症状記録:症状が強く出た日、少し出た日などをマーキング
  9. ムードトラッカー:気分を色分け(例:Happyはピンク、安定はグリーン、落ち込みはブルーなど)しその日の気分1日を表す色を塗っていく

f:id:sweet-honey83:20181230134940p:plainその他プライベート系

  1. 連休や旅行の予定:大型連休や3連休を年初にチェックし、夏休みのスケジュールなども早めに計画すれば仕事のペース配分ができ、休暇の申請やツアーの申し込みなどもスムーズに?
  2. 誕生日や記念日:大切な人に失礼がないように、誕生日や記念日は年初に記入しておく。お祝いの手紙やプレゼントの準備、店の予約などに活用できますね
  3. 手続きや申し込み期間:書類の手続き、願書受付期間、懸賞やポイントの有効期限なども記入しておけばうっかり忘れを防止できそう
  4. 定期購入物等の発売日:新聞や広告で気になった本や雑誌、CDやDVDの発売日、見たいテレビ放送を記入しても。
  5. 使ったお金の記録:毎日の使った金額を記入しておく(ただこれは勘定項目が分かれないとイマイチな気はします) 
  6. 貯金額の記録:いわゆる365日貯金でも良いのですがちょっと運用が面倒だなぁと思うので、私のおススメはその日残った小銭などを貯金箱に入れてその金額を毎日記入していくもの。

個人的なおすすめ

個人でも毎年悩んでいろいろ試してみましたが、やっぱり全体を俯瞰できるという特徴を活かした使い方がいいなと感じています。

そういう意味では、オーソドックスに休暇の予定や記念日の入力か、学習計画系はやっぱり向いてるなぁと思います。

一方で年間スケジュールのページ自体はスペースが狭いものが多いので、文字数が多いものには向かず、データバーや折れ線グラフ、Mood Trackerなどを使った記録系が年間スケジュールのフォーマットを活かした使い方と言えるかもしれませんね~。

ちなみに、Mood Trackerはカレンダーの日付部分に色をつけるだけでも良いかもしれません!