めありずむ

オリジナルの記事にこだわって、等身大かつ独自視点で不妊治療まわり(と、時々趣味)のことを発信しています。

東京都の「不妊治療と仕事の両立セミナー」に参加してみた

f:id:sweet-honey83:20180529125151j:plain

新たに東京都が始めた「働く人のチャイルドプランサポート事業」のキックオフとして2018年6月30日(土)に開催された東京都主催の「不妊治療と仕事の両立セミナー」に参加してきました。

働く人のチャイルドプランサポート事業 

これ自体は本当に画期的な取り組みだと思います。都民から募集した提案により実現した事業とのことで、少しずつ当事者の声が届いているのかもしれないなと思わせてくれます。一応正確な概要は東京都のサイトをご参照ください。

ざっくりセミナーに参加した感想

  • 東京都が不妊治療に係る諸問題を社会的な課題と認識し、具体的な取り組みに踏み切ったことは非常に評価できる
  • 定員250名の会場は7割ほど埋まっている印象だった
  • NPO法人Fineの松本代表のお話は自分の実体験とあまりに重なる部分が多く、正直涙が出るほどつらかった(それくらいリアルだったし、きっと響いたと思う)
  • 一方で事業の目玉である報奨金の条件として整備された休職制度などは「絵に描いた餅」感が否めない
  • 費用負担までを盛り込んでいるなど、本当に先進的な取り組みをしている「メルカリ」のような取り組みなどを参考にするべきである
  • 今回のように「興味のある企業や人が参加する」形ではなく、強制力のある形での周知を進めることが望ましい(おそらく本当に困っているのはこういった事業にすら興味を持たない、理解のない企業に勤めている人だと思う)

取り組みに積極的な企業への報奨金とは?

不妊治療と仕事の両立支援報奨金 企業に最大40万円!

以下の1から4の全要件を満たすと1社あたり30万円を支給するというもので、3において、テレワーク制度も整備するとさらに10万円を加算。つまり最大で40万円が報奨金として出るそうです。

< 補助要件 >

  1. 都が実施する研修の受講
  2. 社内相談体制の整備(上記の研修を受講した両立相談員(男女各1名)の配置
  3. 社内説明会の実施
  4. 不妊治療のための休業・休暇制度の整備

4は、以下いずれかの休業制度、または休暇制度を新たに整備し、就業規則等に明文化のうえ、労働基準監督署に届け出ること。

  • 不妊治療を理由に取得できる1年以上の休業制度
  • 不妊治療を理由に取得できる年5日以上の休暇制度
  • さらに不妊治療中の従業員が利用できるテレワーク制度を整備すると+10万円 

  

メディアでの扱い方は不満

ほんの少しニュースにはなってましたが、扱いは小さいもの。もっと踏み込んで報道して欲しいなというのが本音です。全国の都道府県は東京都の事業に倣うことも多いのが実態です。だからこそ今回の内容はとても重要なことだと思っています。

また、その内容について、本格的に検討・評価をするべきなのになと。メディアの役割や存在意義はそういったところにあると個人的には思うのですが、やはり残念ではありますね。

 

事業そのものをまじめに考える

事業予算は5500万円だそうです。報奨金が1社最大40万円ですが、他にも研修の開催費用やパンフレットなどの作成などがあることを考慮すると、ざっと100社程度を見込んでいるのかなという数字です。

確か東京都の会社企業数って25万社とかじゃなかったかな・・・・と思います。仮に9割の企業には対象者がいないとしても2.5万社残りますよね。あれれぇぇぇ、だいぶ少ないな・・(笑)

 

以下は個人的な考えですので、すべての治療者が同じ意見とは思いませんが、私は報奨金の要件が「実態のニーズに全然即してないじゃん」という感想を持っています。

  • 不妊治療を理由に取得できる1年以上の休業制度
  • 不妊治療を理由に取得できる年5日以上の休暇制度

これね、私のように原因不明で何年も治療を続け、混雑クリニックへ通院する不妊のプロ(笑)にとっては、どちらもあまり意味がないと思っています。

1年以上の休職は以下の点で意味がない

  • 毎日仕事ができないわけではない、また1週間まるまる仕事できる期間もある。よって、月20日勤務→不定期で月15日勤務くらいが現実である
  • 治療費を補助していただけないのに無給の休職なんて全然ありがたくない(むしろ稼げない方が困る)
  • 精神的には仕事のように不妊治療以外に集中できるものがある方が良い(むしろ休職したら追い込まれるだけ)

5日以上の休暇制度なんて2ヶ月で使い終わる

  • 5日以上と書いたらどの企業もどうせ最低ラインの5日とするでしょうが、実態は半休を合わせても月2日~3日は必要ですけど、どういうつもりでしょうか?
  • これがせめて「有給休暇」になるなら少ない日数でも多少意味があると思います。無給なら最低年20日とかにならないと…有休はすべて治療で消える虚しさは改善しません

どうも「高度治療ならそんな長期間の苦労なんてせずに授かるでしょ?」という前提で作られているように思えてならないのです。私のような不妊の中でも落ちこぼれにとっては、より惨めになるような内容です。

どうせやってくれるなら、もう少し考えてほしかったなというのが正直なところ。こういうのって一度決まるとなかなか変わらないと思うから・・・。でも、ちゃんと事業評価として、声は上げ続けたいと思います。