めありずむ

不妊治療の保険適用と理解促進に取り組むブログメディア(時々雑記)

RCT(リプロ東京)D11-1周期目

f:id:sweet-honey83:20190511135027j:plain

リプロで採卵周期3回目の通院、D11の診察レポです。採卵日決まりました!

採卵周期 D11 のタイムスケジュール(休日)

予約は15:00ですが血液検査があるので30分前に到着

14:29 受付

14:31 採血

昨年、健康診断の採血時に年齢のわりに血管が硬いけど点滴とかされてます?って聞かれたのをきっかけに、毎回採血の腕を変えるように意識シてます…不妊治療ってそういう負担もあるよね。。

14:33 待合室で待機

待合室は8割の席が埋まってる状況。

関東の方はご記憶かと思いますがこの日千葉で震度5弱の地震があって、東京も結構揺れたのですが、揺れおさまった瞬間に医師(土信田先生)が診察室から飛び出してきて「避難誘導が必要な場合声掛けますのでこちらでお待ち下さい」と対応してて、危機管理ちゃんとしておるな…!と感じました。

15:48 内診室

長かった~!

医師「内膜10.5ミリ~、右いきます,22,21.5,・・ 8/10、左~20.5,20.2・・6/12~、終わりまーす」

想定くらいな大きさに育ってるかなー。10ミリ越えが14個か~あとはどれくらい成熟できるかだね・・。

15:55 診察室

内診終わったら間髪入れずにソッコー呼ばれたw

医師「卵胞いい感じに育ちましたね、採卵は明後日D13で良いと思います。E2も3000なんでよく伸びてますよ~。えっとね、まずお薬は・・数が多いので今晩hCGと点鼻スプレー両方しましょう。ブセレキュアあります?お持ちならご自宅にあるもので良いので使ってください。時間は後ほど看護師から説明しますね。それから・・感染症予防の抗生剤と、卵巣が腫れる可能性があるのでそれを抑えるカサバールも今日から服用してください。」

私「ほ・・はい。」

医師「平日になりますが、当日ご主人の予定はおわかりですか?」

私「あ、持ち込みになると思います。」

医師「わかりました、(容器キットをくれる)こちらに採っていただいて2時間以内のものを持参してください。えっと、ご主人には今日一度入れ替えてもらえるといいかな・・・」

私「はい」

医師「あとは・・同意書もOKだね、あと麻酔なんだけど・・・この数だと無麻酔は少しきついので局所にする方が多いですね・・全身麻酔まではなくても大丈夫だとは思いますが、ご希望ありますか?」

私「・・きょ、局所でお願いします・・」

医師「わかりました。あとは・・ご不明点とかありますか?うちでは初めてですよね、不安とかあります?」

私「いえ・・大丈夫です」

医師「うん、いい感じに卵育ってますから大丈夫ですよ、頑張りましょうね!」

私「・・ありがとうございます、よろしくお願いします・・!」

16:35 処置室

看護師さんから薬と採卵当日の説明を受ける。hCGも自己注射なんだ!この日の夜、点鼻が22時と23時に両鼻に1回ずつ、hCGが22時半。

採卵は通常8:30受付だけど、人数が多かったりする場合は前日電話で連絡があるそう。なければ8:30とのこと。

持ち物として「ナプキン」って言われた、おう、持参してって言われるのは初めてだわ~。

16:45 お会計

もう採卵準備なので安くすみました・・(笑)

 

所要時間:2時間15分

お会計: 15,822円

RCT(初診~採卵周期前まで):72,208円

RCT(採卵周期D3~D11まで):109,997円

RCT通院合計:182,205円(サプリ代金含む)採卵までに18万円でした。

*私の場合DHEAなどのサプリ購入、複数回の血液検査を受けているので初診で問題がなかった方より4~5万円は高額になっていると思います。

診察等について

今日も竹内先生(院長)。なんか・・塩対応に慣れてたから、先生の優しいコミュニケーション泣けてくるんですけど・・(笑)

いつもさ、患者が部屋から出て扉が閉まるまでこっち見て最後に会釈してくれるんだよ・・ご丁寧だよ・・。

  • E2:3000
  • FSH:30
  • LH:1.5
  • P4:0.6

薬剤について

誘発は、クロミッド+HMGフジ150+フェリング150の組み合わせでしたが、卵胞数が急に増えてた(3日前の倍)…。まさか本当にMr.Childrenの胎教効果なのか…ww

小さいのも入れたら20個超え…過去イチの卵胞を抱えてお腹の張りは感じますしちょっと痛い…。

問題はここから成熟卵がどの程度採れるかですが、こっちから話をしなくてもhCG5000 + 自宅にあるブセレキュアでOKとのことでこれはありがたい…

→この夜hCGを打って、翌昼から吐き気が強く(締め付けられるような、常に唾液?が出てくる感じのやつ)起き上がるのもしんどいな…という状態に。他に胃痛、頭痛、下腹部の張りと若干の痛み(排卵痛の生理痛の間くらいな…)はでうつ伏せになったり腰掛けて下を向くような腹部を圧迫するのがかなりキツい感じ。OHSSの前兆なのか…?朝は元気にウォーキングしたんですけどね…結局ずっと寝てました。カバサールの副作用の可能性もあるけどとにかく油断は禁物ですな…。

それにしても全部自己注射で乗り切れるのね…。 薬剤費だけを足してみたら思っている以上に安く済んだ…!(逆に言うと診療代はやっぱお高め)

リプロ東京の薬剤のお値段メモ(再掲)
  • フェリング150:1バイアル2500円×8本
  • HMG富士150:1アンプル2500円×8本
  • クロミフェン:1錠130円×8錠
  • セトロタイド:1アンプル7000円×2本
  • hCG5000:1200円
  • カバサール:1錠120円×10錠
  • ビブラマイシン:1錠40円×28錠

採卵周期の薬剤費合計:58,560円

リプロ東京採卵周期①の過去記事