めありずむ

不妊治療の保険適用と理解促進に取り組むブログメディア(時々雑記)

Camino de Santiago- いつかその道を歩こう

f:id:sweet-honey83:20190511141042j:plain

私が日本以外に1つの国に住めるとしたらスペインを選びますね~。最近仕事が忙しくて現実逃避したいので、私のバケットリストをご紹介する記事を書いてこーと思います。(みなさんは特に興味ないかと思いますが(笑))

私にとってのEl Camino

キリスト教の三大聖地の一つであるスペインのSantiago de Compostelaを目指す巡礼路がEl Camino de Santiagoです。聖ヤコブ(「最後の晩餐」でキリストの隣にいる使途)が眠っているとされている場所ですね。

日本人の感覚で言えば要は「お遍路さん」です。

キリスト教徒でなくてもウェルカムで、宗教的な目的に限らずいろんな方が巡礼されていて、日本人もそれなりの数がチャンレンジしているそう。

そして、20代後半から毎年唐突に「行きたい」って思うことがあるんだよね~でもまだ実現していないそれが私にとってのカミーノ。  

私がスペインと出会ったのはたぶん高校生くらいに遡って、その頃ほぼ追っかけサポーターだったサッカーが入り口だったかなと思います。

実際「あースペイン好き。」って思ったのは語学留学してから。2ヶ月弱だけど、かなりいろんな街に行ったし、良きも悪しきもまぁいろんなことがあったけど、総じて「この国なら住める」と確信した。

その授業の中で「Camino de Santiago」について知ったのです。

(サンティアゴ=聖ヤコブなんだけど、授業スペイン語でしか解説してくれないから「サンティアゴ」って名前の十二使途がいるんだと思ってたが)

Camino de Santiago

Camino(カミーノ)はスペイン語で「道」という意味です。聖地を目指す巡礼路なので、スタート地点もルートも様々ですが、一番人気はピレネー山脈から始まる①のFrench Wayで、巡礼者の約7割はこのルートを選ぶんだとか。

(ちなみに道の途中の街からスタートしても全然OKです)

多くの人は徒歩ですが、自転車や車椅子や車、馬(!)で移動する方もいらっしゃるそうで、ルート沿いには「アルベルゲ」と呼ばれる簡易宿(ユースホステルみたいなもんですね)があって、巡礼者の証である「クレデンシャル」という身分証明兼スタンプ台帳(€3で買える)を持っていると1泊数百円~千円程度で宿泊することが可能です。

アルベルゲが食事や救護施設も兼ねているので、朝から歩き、お昼には目的のアルベルゲに到着して午後は読書をしたり他の巡礼者とコミュニケーションしたりして時間を過ごすという感じのようです。

f:id:sweet-honey83:20190509114324p:plain

出典: How to choose the RIGHT Camino de Santiago Route for you?

個人的に思い描いてる景色は確かに①French Wayなんだけど、②北の道は美食の街サン・セバスチャンにサンタンデール・・めちゃ美味しいものありそうよねぇ。それに③のポルトガルの道は村がとっても可愛いらしい、それも素敵だしそもそも私ポルトガルも大好きだしなぁ(もやはスペインはほぼ通ってないけど)。

どうせならあんまり日本人が通ってないルートにしたいかも~、日本語だとほぼFrench Wayしか情報ないし。

あ、ちなみに通常は①のルートだと1日30キロペースで1ヶ月強程度で歩くのですが、私が「3ヶ月くらい休んで」と言っているのは、どうせ行くなら2週間くらいはバルセロナ滞在したいし、ゴールしたらついでにポルトガル行きたいし(リスボンもポルトもホントおすすめ)、大きな街なら2日くらい泊まりたいし、帰国しても2週間くらいは休みほしいし、とかいうものすごい不純なスケジュールを予定しているからですwww

日本にもNPO法人があるよ

スペインって意外と英語通じなかったりするので、興味はあるけどなかなか踏み出せないという方におすすめなのが「日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会」さん。

HPも充実していますし、主要都市で説明会やスペイン語講座、出発前のサポートをしてくれたりもしていますよ~。

 

ご興味のある方へのおすすめ!

おすすめの書籍

特に上の2冊は私も相当読み込んでますね(笑)

カミーノ! 女ひとりスペイン巡礼、900キロ徒歩の旅 (幻冬舎文庫)

カミーノ! 女ひとりスペイン巡礼、900キロ徒歩の旅 (幻冬舎文庫)

 
人生に疲れたらスペイン巡礼?飲み、食べ、歩く800キロの旅? (光文社新書)

人生に疲れたらスペイン巡礼?飲み、食べ、歩く800キロの旅? (光文社新書)

 
コンポステラの道: Camino de Santiago  48日間の歩き旅

コンポステラの道: Camino de Santiago  48日間の歩き旅

 

こちらはかの有名な。

星の巡礼 (角川文庫)

星の巡礼 (角川文庫)

 

おすすめのブログ

最近はブログでの発信が多いです。なぜか知らんが日本人は女子一人旅が結構多い気がする・・・(笑)

こぼれ話(TV番組編)

昔、たしか4-5年前だと思うんだけど、BS-TBSで「スペイン横断800キロ 平岳大と情熱の巡礼路」っていう番組があって、俳優の平岳大さんがCaminoに挑戦した番組なんだけど、それがすごく良かったのよ~(今も録画を残してて時々見る)

単発だからもう放送されることはないかもしれないけど、ぜひ再放送をと思っている番組です。というか、なんならシリーズ化していろんなルートとか、他の方にもチャレンジしてほしいくらい。

番組制作関連業のみなさまー!聞こえますかー!(笑)

私もいつかその「道」を歩く・・!

Caminoを歩きたいと思うようになったのは26歳くらいからで、その頃は結婚して子どもができたらその子が大きくなった時に家族で歩けるといいな~なんて思っていた(当時のプランだと子が15歳で親は45歳のつもりだったから)。

今は、子がいなかったら(治療を終えたら)人生リセットのつもりで30代のうちに行きたいなと思っている。

夫が一緒に行くかは分からないけど、授かることなく不妊治療を終える時は転職のタイミングでもあるかなと思っていて、そのタイミングで1人でも行こうかなという気持ちです。

カミーノに限らず、私のバケットリストは「旅」や「行きたい場所」もたくさん書いてるのですが、死ぬまでに一つでも多く達成したいなぁと思っています。