めありずむ

不妊治療の保険適用と理解促進に取り組むブログメディア(時々雑記)

女子的目線で選ぶ、春に聞きたいミスチル曲9選

f:id:sweet-honey83:20181127233559j:image

3月って個人的にはなんとなくレミオロメンに浮気しがちなのですが(笑)、いやいや春にピッタリなMr.Childrenもありますよ~!ってことで恒例のやつ書きます。

Mr.Childrenの春はやわらかくてちょっと背中を押してくれる

「春」という季節感を前面に出している曲っていうのはほとんどないのですが、曲の雰囲気やちょっとした言葉選び、ストーリーから春っぽいなぁって曲を選びました!

ポイントの歌詞は「春」っぽさを連想させる部分にしたり、該当しないものは単純に好きな部分を選んでます。

1. ハル -SENSE-

春の風に 世界は素晴らしいなって少し思えた

それを知らせるサインだったんじゃないかって考えたりもしてる

行き詰ってた日々に束の間のご褒美をくれる

もちろん最初に来るのはハルかな~。タイトルをあえてカナにしているのは「春」を強調しすぎないようにするためなのかな?とも思いつつ、歌詞では「春の風」を受けているので春でいいんだなと解釈。

不思議な世界観ながらメロディも陽だまりのようなやさしさがあって、心に沁みますねぇ。何気ない歌詞なんだけど、結構自己投影しやすい曲じゃないかなと思う。

2. 足音~Be Strong~ -REFLECTION-

新しい靴を履いた日は それだけで世界が違って見えた

昨日までと違った自分の足音が どこか嬉しくて

あてもなく隣の町まで 何も考えずしばらく歩いて

「こんなことも最近はしてなかったな...」って ぼんやり思った

「新しい靴を履いた日」=スタート・はじまり=春と連想する曲。セルフプロデュースの新生Mr.Childrenという意味で、気分を新たに聴ける曲でもあって、前に進む力強さを感じる大好きな1曲です。

ちなみに主題歌としてタイアップしたドラマ「信長協奏曲」も結構面白かったです。

3. やわらかい風 -HOME-

やわらかい風が吹いたら ふと目を瞑って

元気で過ごしてるかな? そんなことを思うんだ

私的に春っていったらレミオロメンの「南風」が大好きなのですが、風といえば「やわらかい風」ですね。

春のそよ風を感じながら思い出すのは昔の恋で、過去に対する後悔の念がうじゃうじゃ沸いていて悲しいといえば悲しい曲(笑)でも悲観的じゃなくて、君も元気でいるかなという包み込む温かさで締めるあたりが後味も悪くないんだよね。

「HOME」ってアルバムは全体的に春っぽいですよね。

CDジャケットの色合いが明るいこと、入っている曲にふんわりやさしさがあることがその理由かな~。

4. 彩り -HOME-

憧れにはほど遠くって 手を伸ばしても届かなくて

カタログは付箋したまんま ゴミ箱へと捨てるのがオチ

そして些細な生き甲斐は 時に馬鹿馬鹿しく思える

あわてて僕は彩(いろ)を探す にじんでいても 金 銀 紫

ということで、やっぱり春のイメージがついているのが同じく「HOME」の中の「彩り」ですね。色とりどりなのが春なんだろうなぁ、曲調もうららかな春のような雰囲気。

で、賛否両論ある「彩り」の歌詞ですが、実は私が好きなのはココだな。これが一番リアリティを感じる(笑)

5. 旅立ちの唄 -SUPERMARKET FANTASY-

Ah はじまりを祝い歌う最後の唄

僕は今手を振るよ Ah 悲しみにさようなら

疲れ果てて足が止まるとき 少しだけ振り返ってよ

手の届かない場所で背中を押してるから

日本では旅立ちというとやっぱり春が多いから、この曲もやっぱり春かな。

しっとりした音もあって別れの切なさが強いものの、ちゃんと背中を押してくれるまさに旅立ちの唄。

6. ひびき - B-SIDE-

見つからなかった探し物は ポケットに入ってました。と

幸せなんかおそらく そんな感じでしょ!?って

君の聲は教えてくれる

シングル「しるし」に収録されている曲ですね。PVが桜並木出てくるじゃない?というイメージから選出。

ちょっと昔のMr.Childrenっぽい雰囲気があって、どこか懐かしさも感じてしまう、ポップさが結構好きなんだよね~。

7. Sign - I ♥ U -

緑道の木漏れ日が君に当たって揺れる

時間の美しさと残酷さを知る

残された時間が僕らにはあるから

大切にしなきゃと 小さく笑った

「Sign」はやっぱ王道ラブソングでありつつ、「オレンジデイズ」の主題歌で、ストーリー的にも大学の卒業が一区切りで、新しい新生活が始まってそれぞれの出発みたいな、春よね。

私は当時大学生でもう「Sign」の世界ど真ん中だったので、その懐かしさが相まってイントロを聴くと無条件に「わーんっ!!」ってなってしまう数少ない曲です。

8. PADDLE  -シフクノオト-

新しい記号を探しに
フラスコの中 飛び込んで
どんな化学変化を起こすか
軽くゆすってみよう It's OK
ゆけ 荒れ狂う海原の上
未来へと 手を突きだして
もしかしたら今日は何も起こんないかも
でも 明日へとパドリング

とにかく行ってみよ~!っていうスタートを応援する曲。

どうなるかわかんないし、今日は何もないかもしれないけど、まぁ進んでみようよ、というポジティブさが良い。

個人的には曲のイントロ部分の低音のギターがめっちゃかっこよくて好き、して複雑なメロディに爽やかな声。無条件に元気になれる1曲です。

9. 水上バス  -SUPERMARKET FANTASY-

買ったばかりのペダルを

息切らせて漕いでは桟橋へと向かう

深呼吸で吸い込んだ風は

少し石油の匂いがして

その大きな川に流れてた

これ要は失恋ソングだと思うんだけども、自転車を新調するってやっぱり新生活=春を連想しますよね。春から遠距離になったんだろうなぁ~。

この曲の歌詞の言葉選びとか、切ないストーリーも青春って感じがしてなんとも言えない超個人的ノスタルジー。

まとめ!

もう早くも桜の開花宣言がされた地域も出てきましたね~、まさにこんな時期にピッタリな曲ばかりです。

どれも音楽配信サービスを使っても聴ける曲ばかりなので、ぜひぜひお試しください~!次の季節は初夏、そして梅雨シーズンですかね!(笑)