めありずむ

不妊治療の保険適用と理解促進に取り組むブログメディア(時々雑記)

RCT(リプロ東京)D8-1周期目

f:id:sweet-honey83:20190511135027j:plain

リプロで採卵周期、D8の診察レポです。新しい刺激薬剤(HMGフジ&フェリング)は果たして効いているのか・・?

 

採卵周期 D8 のタイムスケジュール(平日)

予約は12:00ですが血液検査があるので30分前に到着

11:30 受付

11:34 採血

またまた、全然!痛くなかった!!!(笑)

11:35 待合室で待機

待合室は6~7割の席が埋まってる状況。

12:10 内診室

内診は早いかと思ってたら長かった~PC開くまでもないかと思ったけど失敗!

下だけ脱衣のファイルを持って中に入る。

医師「内膜6.6ミリ~、右~13,12,10・・ 3/5(サン スラッシュ ゴって言ってたけどどういう意味だろ・・?)左~14,12,11・・3/5~」

エコーの見た目だと、たぶん10個採れればいいかなって感じかしら?そんなに育ってないネww

14:15 診察室

書いてきた同意書をファイルに挟んで待つ。

どうやら医師が二人で1人はオペ中で診察の稼働が牛歩レベルだったみたいです。呼ばれた時、竹内先生にお待たせしてゴメンなさいって言われた。

医師「えっと、ホルモン値いい感じになってきてますね、卵胞も一番大きいのは14ミリですねぇ、サイズも揃って大きくなっているのでこの薬剤の継続で良いと思います。」

私「あのー、3/5ってどういう意味ですか?」

医師「これはね、5個中10ミリ以上のものが3個っていう意味ですね。」

私「なるほど、ということは小さいのも含めると10個ってことですね?」

医師「そうですね。数だけが重要なわけではないので、丁寧に育てましょう。今日中に15ミリを越える卵胞が出てくると思うので、今日から排卵抑制のセトロタイドを追加しましょう。これは毎日じゃなくて2日に1回の注射です。次の診察は・・・3日後で良いと思います。そこで採卵をD13か14にするかを決めましょう。」

私「わかりました~」

医師「その他は大丈夫ですか?」

私「はい」

14:30 処置室

看護師さんから薬の説明を受ける。排卵抑制のセトロタイド追加になった。こちら、誘発薬と混ぜたり同じ場所に打つのはNG。

セトロタイドの注意点としては

  • 時間指定(22:00~23:00の間に打つ)
  • 必ず腹部に打つ(お尻とかNG)
  • 誘発薬とは異なる場所に打つ(腹部の左右とかで分けてね)

ということでした。

14:40 お会計

平日昼間でも3時間オーバーだった~こんな混むことがあるとは思わなかった・・!どうもDrが少ないイレギュラー運営だったっぽいけども、夕方の最終枠の方がマシな感じがするね・・。

 

所要時間:3時間10分

お会計: 44,085円

RCT(初診~採卵前まで):72,208円

RCT(採卵周期1):94,175円

RCT通院合計:166,383円(サプリ代金含む)採卵までに20万円いきそうです・・。

*私の場合DHEAなどのサプリ購入、複数回の血液検査を受けているので初診で問題がなかった方より4~5万円は高額になっています。 

診察等について

今日も竹内先生(院長)。たぶんオペしてたの竹内先生だよね?ややお疲れな感じでした。

ぱらぱら~と同意書確認し、流れるようにいろいろ説明してもらいました。聞いたらちゃんと教えてくれるし、質問ない?って確認してくれるのはいいよね・・。

そして、今までの他院での採卵周期は、D8以降は2日置きで診察指定されることが多かったのですが、初めて「次は3日後でいいね」と言われて、あーーーー自分の卵胞が育つ感覚と同じだーと思いました。

いつも「いや、D10で来たって絶対20ミリいってないし20ミリ超えても私全然排卵(成熟も)しねぇんだぜ・・・」ってことが多かったので、「この先生わかっていらっしゃる・・!」って思ってしまいました(笑)

ホルモン値もD8でこの値、卵胞いっぱい抱えてる感じがするwww(←高刺激久しぶり)たった10個でも、ややお腹が張る感じが出てきました。

  • E2:850
  • FSH:28
  • LH:1.7
  • P4:0.4

過去のクリニックと違ってリプロですごくいいなと思ったのは、採卵前スケジュールの一覧。

日別の投与薬剤だけじゃなくて、ホルモン値や内膜、卵胞数(主席のサイズまで)を診察のたびにUpdateしてくれるの。これ1枚でその採卵周期の情報網羅できるってすごい便利~!

卵胞については患者には口頭だけで伝えるクリニックが多いし、内膜の厚みも毎回計ってくれるとも限らないし、こういう取り組みってクリアで良いな~という感想を持ちました。

f:id:sweet-honey83:20190522214201j:image

薬剤について

誘発は、クロミッド+HMGフジ150+フェリング150の合わせ技をまずは5日間試したわけですが、期待したほどは育ってないかな~。

今見えてる卵が全部大きくなったら10個くらいにはなるらしいけども、これってやっぱり年齢やAMHと比較すると反応悪いよね~?こんなもんかなぁ?

HMGそんなに合ってないのかなー、といってもゴナールエフでも4個とか12個とかだからサプリ飲んで2年前の卵巣機能をなんとか維持出来てるレベルって解釈なのかしら?

胚盤胞にならないと話にならないからって、高望みしすぎな気もしますが。まぁしゃーない、絶望するような進捗でもないし、乗った波は最後まで乗り切るしかあるまい。

 

そして追加になった排卵抑制のセトロタイド。

こちらは同じアンタゴニスト製剤のガニレストより針が細くてすむし、2日に1回の投与なのでちょっと楽だな~とか思ったのですが、打ったところからみるみる蕁麻疹みたいにブツブツと赤みが出て痒い・・!

え~そんなの教えてくれんかった~!でも調べたらよくあるみたいなので、とりあえず保冷剤で冷やしてガマン。楽な注射なんぞありませんな・・・。


f:id:sweet-honey83:20190522232035j:image

リプロ東京の薬剤のお値段メモ(再掲)
  • フェリング150:1バイアル2500円
  • HMG富士150:1アンプル2500円
  • クロミフェン:1錠130円
  • セトロタイド:1アンプル7000円

リプロ東京採卵周期①の過去記事