めありずむ

オリジナルの記事にこだわって、等身大かつ独自視点で不妊治療まわり(と、時々趣味)のことを発信しています。

【ap bank fes '18】ゆるファン的 当日のレポート1日目(7/15)

f:id:sweet-honey83:20180710172259j:plain

ap bank fes行ってみたいけど、ちょっと不安という方にお届けしたい、ゆるファン的な当日の楽しみ方を'18の速報的レポートと共にご紹介します!

私自身Mr.Childrenのファン歴は相当に長くなりましたが、一部の熱狂的な一般に「ミスチル地蔵」と揶揄されるような方々はちょっと違うかなーと思っておりまして(笑)

ライブはとにかく前の方で聞きたいとか、桜井さんに1メートルでも近づきたいとか、そういうのは別にないんですよね(笑)

フェスらしく、いい音楽を気持ちよく聴けるのが一番だなぁ、と。新しい音楽に出会えるのもまた良し。ap bank fesは環境問題や災害復興に思いを馳せ、互いを気遣い合って音楽と共に1日を過ごす、そういう主旨のフェスと理解しています。

本祭1日目のタイムスケジュール(@つま恋)

8:40 掛川駅着

すでに大行列で、駅で思ったより並びました。これは読みが甘かった…。ライブ自体の開始は11:30頃ですが、やはり直前になるほど混雑します。待つのが嫌いな方は、8時頃を目処にシャトルバスに乗れるように掛川駅へ着くのがおすすめだと思いました。

10:20 シャトルバスに乗車(20分強)

1時間半待ちましたが、路線バスの座席に運良く座る事ができました。道路も混んでいたようで、20分強かったと思います。

10:50 つま恋到着

バスを降りてから入り口までは徒歩10分くらい。チケットと交換でリストバンドを受け取り腕につけます。フェス後にもキレイに保存したい方は切らなくてもギリギリ手を抜けるくらいの緩さを保って、きつく締めすぎないことをオススメします。日差しが強烈で瞬時に体力が奪われていきますね・・。

11:00 入場!

入り口の待ちはほとんどなくスムーズでした。ライブエリアまではゾロゾロと列も乱さずにみんな黙々と歩きます。誘導もあるので走ったりする方は見ないかったです。20分近く歩くので、チビチビ水分補給しながら、そして少しでも日よけになるよう日傘を差して歩きました。

早めに着いてしまっても、会場に大きな日よけテントがあったり、飲食店で食事を取ったりできますので、暑い中でバスの列に並ぶよりは日陰で体力を温存できそうかなと思いました。

屋台はたくさんあるので、途中でビールを購入してからライブエリアへ。

 11:20 ライブエリアへ移動

f:id:sweet-honey83:20180717115237j:image

時間ギリギリだったので人混みをかき分けて前に進む感じでした。ライブエリアの立ち見ゾーンは開演まではシートを敷いて座れますが、開演前には片付けるようアナウンスがあります。

少し後方のゆったりゾーンに陣取ればシートをひいて座れますし、音楽は十分に楽しめます。ただ、この時間だと木陰のいい場所はすでに埋まっていました…。

観たいアーティストの時は少し前方の立ち見ゾーンへ行ったり、疲れたら後方に戻ったり、フードエリアなどで休んだりと移動しながら楽しむのが◎です。今日はかなりキャパオーバーな感じだったので、基本は後方で座れるようにし、ミスチルの時だけ一番前のブロックに入って楽しんできました。

場所取り!と意気込まなくてもいいかなと思うのですが、今日は猛暑のせいかゆったりゾーンの方が常にいっぱいで、本当は立ち見ゾーンはレジャーシートNGなのですが、堂々とシートを広げている方がいて(係員に注意されても無視)ちょっとマナーが悪いなと感じました。

休憩中などは一人が座るスペース分くらいは敷いてもいいと思うのですが、いい大人が恥ずかしいなぁ・・というのが正直なところ。

 11:30 スタート!

Bank Bandでap bank fesがスタート。最初は中央前から2つ目のブロック後方に入れました。「よく来たね」を歌われるともう涙で桜井さんが見えなかった・・本当に良かった・・。

CHARAの歌を聴きながら一度フードエリアに退避して、日陰で休みつつカキ氷とフランクフルトで軽食を。

暑くて水分を多く取っているのであんまりお腹が空かなかったのですが、ap bank fesはご飯がめちゃ美味しいんですよ!!だからライブだけじゃなくていろいろ楽しむのがおすすめです。途中のInformationで西日本豪雨被害への募金活動がされていたので気持ちばかり募金をしてからSalyuを聴きにライブエリアに戻りました。

Informationがテントになっていたのですが、スタッフの方が「ちょっと日陰に入ってってください!暑いから!」と言ってくださって、数分休ませていただきました。(感謝!)

しっかり体力を温存し、ミスチルの前には相方の旦那氏を置き去りに前方のブロックに移動し、ちゃんとメンバー全員うっすら顔が見えるくらいの位置に。なんかもう泣けて仕方ない(笑)詳しくは後述します。

とにかく暑かったので、ミスチルが始まった夕方以降にやっと日が陰って気持ちよくなったなという感じでした。

19:50 シャトルバス待ち

ミスチル終わりとライブ終わりはかなりの民族大移動で、混雑しました。ミスチル終わりで帰った方もかなりいたようです。

ライブ終了後は、ブロック毎の移動指示になるので、完全にライブが終わる前に動いたのですが、それでもまーまー混んで20分くらいバスを待ちました。私達よりも後の方々は待ちが40~50分になり、まさかの「掛川駅まで徒歩でも行けます」という夜道徒歩推奨アナウンスが・・。

fesの公式サイトでは夜道は街頭もなく危険なので徒歩は避けるようにと書かれていたと思うので、これにはちょっと驚きでした。

クタクタだけど本当に幸せな1日でした。個人データですが、本日は1万8000歩(約11キロ)歩き、水分は3リットル摂取してなんとか無事に過ごせました。

7/15 出演者、セトリの感想(超個人の感想です)

発表されていたタイムテーブルはこんな感じでした。

f:id:sweet-honey83:20180713000741j:image

  • 死ぬほど暑かった、軽度の熱中症では救護してもらえないほどの惨状
  • 生の音楽ってすごいパワーがある。すごかった。
  • 桜井さん笑顔ステキ。声の調子良さそう
  • 神宮寺(レミオロメンのドラム)くん元気そうで嬉しい
  • スカパラの演奏が圧巻だったし、桜井さんのボーカル超マッチしてた
  • SalyuもCHARAもかわいかったー!
  • 部活の顧問の竹原さん面白かったです
  • 髪の短いナカケー氏、めちゃかっこよくない?
  • 桜井さんの歌詞間違い舌ペロに萌え死んだ
  • LUNA SEAさすがにかっこいい、むしろ昔よりかっこいい
  • Bank Bandの〆のセトリも良すぎて言う事なし。MESSAGEでも to Uも心に響いて涙止まらず。泣いている方が本当に多かったです。

特筆したい事(こちらも超個人的見解)

いろいろ良かったけど、特に印象的だったことを公式のツイートと共にご紹介。

神宮寺くんがカースケさんと共にBank Bandとして演奏しているのが本当に嬉しかった・・・!演奏もすごく良かった!!そして相変わらずの超イケメン!(笑)

そしてスカパラが超かっこよくて、そこにゲストボーカルで桜井さんが出て、しかもピンクのスーツで、しかもすごい良くて、なんかいろいろ衝撃だった。

そしてLUNA SEAの3/5の方々、90年代の音楽シーンを席巻したバンドで、私はGLAYとかイエモンの方が好きだったんだけど、曲のアレンジが良くてこちらもいい意味で裏切られたと思いました。さすがのかっこよさでした。

Mr.Childrenのセットリストと演奏の感想

1. HERO

2. NABABI

3. youthful days

4. 彩り

5. here comes my love

6. fanfare

7. himawari

8. GIFT

先にも書きましたが、桜井さんの声の調子はすごく良さそうで、本当に楽しかったです。個人的には大学時代の思い出の曲から最近のヘビロテ聴いている曲まで入っていて、バランスの良い選曲だなと思いました。

HEROは過去つま恋でのap bank fesの際に桜井さんが感極まって声に詰まって歌えなくなってしまったという逸話のある曲だそうで(私は行けなかったのですが)、その曲から始めるというストーリーも感動を呼びました。

このフェスの景色の中で歌いたいと作られたという「彩り」でつま恋に「ただいまー!(桜井さん)」「おかえりー!(会場)」って掛け合う様子はやはり胸熱でした。

比較的新しめの曲が多いのにこんなにも豪華って、やっぱり底なしのモンスターバンドなんだなと再認識。それにしても、この距離でミスチルの生音楽が聴けるなんてそりゃみんな行きたいよね、っていうくらい素晴らしかったです。

JENさんはムードメーカーっぽく笑わせてくれるし、ナカケー氏の短髪がシブかっこよすぎるし、田原さんはこの暑さでもなんか涼しい顔して長袖着てるし、最高かよ・・。

そして、なんといってもfanfareで桜井さんが歌詞間違えて1フレーズ飛んだとき、「やっちゃった」って顔で舌をペロっと出して「ごめーん!」って謝った姿、萌えすぎてホントこれが「キュン死」ってやつだ・・・と・・・同じ事思ってた女性の方めちゃめちゃ多いと思います(笑)

こういうのもある意味ライブの醍醐味ですね。DVDとかにもこのシーンを入れて欲しいっていう思い半分、生で見られた人だけの心に刻んでおきたいという思いが半分・・・(笑)

ライブ中の雰囲気ってどんな感じなの?

ap bank fesは他の夏フェスと比べてもゆったり柔らかいピースフルな雰囲気があります。ミスチルが「彩り」演奏前のMCで「普通のロックフェスみたいに黒くない、いろんな色に溢れてカラフルな景色がこのフェスで見たかった」という主旨の事を話されていて、本当にそうだなと。

子連れのファミリー層も多いし、ファンの人達も一部を除いてあんまりギラギラしてなくって、キャンプに来たら音楽聴けた、的な雰囲気があるなと。(実際は血眼になってチケット求めてますけどね(笑))

これは出演者やスタッフ、長年参加されているファンの方たちが作り出している柔らかな空気なんじゃないかなと思います。

ただ、2018年はあまりの猛暑でみんな参っているということ、キャパも以前より少しオーバー気味だなという印象を受けました。そんな状況にも関わらず、後方でシートを置いたままずっと戻ってこない方もちらほら。

座れていない方もいたので、ちょっともったいないなーと感じました。ブロック制をやめたから仕方ないのかしら。。周りを気遣うマナーは大事にしたいですね。

2日目の16日に参加される方、もう少し曇りだと良いのですが、とにかくバテないようにお気をつけて!!

裏的な楽しみ方

パンフレットのマップ画像です。1日目は時間ギリギリだったので右下の入場口から真っ直ぐライブエリアに向かう動線でした。猛暑じゃなければ見晴らしの丘が本当に気持ちいいのですが、暑すぎて・・(笑)

f:id:sweet-honey83:20180719181538j:image

ちなみに、ミスチルはフェスの第1目的じゃないという方、ミスチルの演奏時間の他エリアの閑散っぷりったらすごい(らしい、2日目はフードエリアに退避していた相方の情報)です。

「むしろ、木陰の気持ちいい場所で、ミスチルの生ライブをバックにビール飲むなんて贅沢すぎて1日目よりこっちの方が最高だった」と言っていました。・・・・それはそれで一理あるかも・・・。

7/16日のレポートも書いています!

ミスチルのおすすめ記事もあります!